earn-money

20代薬剤師が最速で年収UPするために必要なこと

こんにちは、天薬ナオです。
現在薬剤師として約4年勤務しており
年収は670万ほどです。

本記事は「特定の方向け」の記事となっております。

✔だれ向けの記事なのか?

  • ほとんど昇給していない

  • 薬剤師歴3年未満

  • 薬剤師になった理由→安定しているから

に当てはまる方向けです。

  • 既に薬局長になるなどして、責任のある立場におり収入が増加している

  • 薬剤師として成長するモチベが高い

こんな方は、ごめんなさい。
記事を読んでも時間の無駄になるので
注意してください。

✔年収を上げるには

薬剤師として、何年か働いている方は悩みがあるはずです。
ボクも3年ほど薬剤師として、某大手企業の薬局で働いて
いて、悩んでいたことがあります。

「薬剤師として働いてきて数年たった。
最初は投薬とか怖かったし、薬歴もサクッとかけるようになり
知識も増えてきてやれることも増えてきた。
自分なりに結構頑張ってきたと思う。

ただ・・・やれることが増えて仕事量も増えたのに
収入が1年目とほとんど変わらない。
むしろ税金が増えた分減った気がする。
薬局長になれたり出世できる人は一握りだし
もうすぐ30代にもなるし
このままで良いのだろうか・・・」

こういった悩みを持つ方向けに、記事を書いています。
ポイントだけ先に伝えると
年収UPを20代で最速で目指すなら、薬剤師の収入だけでは厳しいです。

副業で薬剤師以外の収入源を作ろう

earn-money

結論、副業を始めることが
年収を上げるのに最速の方法です。

薬剤師の平均年収を見ても
伸びがあまりよくないのがわかります。

薬剤師の平均年収から見える、昇給の少なさ・・・

20代薬剤師の平均年収が
約470万だそうです。

そして30代では500万くらいなので
伸びはそこまで良くないですね・・・。

出世して、管理薬剤師として働けている方は
600万
ほど稼ぐので、管理薬剤師になれるか
どうかが、年収に大きく関わります。

副業なら1~2年で平均を大きく超えて稼げます

実際、冒頭で紹介した
ボクの年収の内訳は

・薬剤師・・・450万
副業 ・・・220万

と、なっています。

副業歴は約2年ほどで
サイトを4つほど運営しております。

月に大体20万弱ほどの収入がある感じです。

こういった本業以外の収入源を作ることが
年収UPに最速の方法だと断言できます。

しかも、薬剤師として出世するために
上司からよく見られるように頑張るとか
無理して働く必要もなくなります。

670万というと、薬剤師として30年ほど働いた
50代のベテラン薬剤師の平均年収並みです。

このレベルまで20代でたどり着けるのは

  • 早期に出世した、エリート薬剤師
  • 田舎の給料が高い地域で働く薬剤師
  • 副業をしている薬剤師

こんな感じの人たちかと思います。

一番手軽に、リスクなくできるのが
副業だということは、わかるかと思います。

副業を行うデメリットは?

もちろん、副業を行うデメリットも存在します。
それは、副業に時間を取られてしまうことです。

副業で稼げるようになるためには
かなりの時間と労力がかかることが多いです。

「自分には無理そうだな・・・」と
感じるかもですね。

でも、6年間大学に通い
薬剤師国家試験を乗り越えられた人なら
副業の壁も、十分乗り越えられるレベル
です。

参考までに、ボクは副業を始めてから
月にだいたい100時間ほど
副業に費やしています。

一日の内訳はこんな感じです。

本業も副業も休みにして
いる日も結構あるのですが
かなり副業に費やしているかなと思います。

趣味の時間を削れば
薬剤師と両立もできるかもですが
そこまで鬼にはなれません。

純粋に薬剤師として知識を深めたいと
考えていて、日々自主的に勉強している人には
時間が足りなくなるかもしれませんね。

でも、薬剤師は安定しているから
生活目的で薬剤師になった、ボクみたいな方は
薬剤師として出世するよりも
副業で稼げるようになった方が、楽かなと思います。

まとめ:副業は人生を変えます

change-life

というわけで、年収を上げたいなら
副業は良い選択かな思います。

薬剤師という職業は、特に何も考えず
日々惰性で過ごしていても
十分なほどお金がもらえます

なので「まぁ今のままでも良いかな」と
考えやすいです。

実際、ボクも以前はそう思っていました。

しかし、より多く稼ぎたいとか
薬剤師として、働く時間を減らしたいけど
収入は減らしたくない
とか
考えるのならば

何かしら行動しなくてはなりません。

何もせずに、何かを期待していても
変わることは、1つとしてありません。

思い立ったら、まずは行動してみましょう。

PR