end

【2020年】派遣薬剤師はコロナでオワコン化した現実【絶望】

  • 2020年5月19日
  • 2020年8月22日
  • 薬剤師
決意する薬剤師

派遣薬剤師で働こうと考えている薬剤師「短い時間でたくさん稼ぎたい!そしてプライベートを充実させて、やりたいことをたくさんやりたい!そのために派遣薬剤師として、コスパよく働こうと思ってます!!」

残念ながらこういった働き方はもうできないです・・・。

本記事では派遣薬剤師では今後生きていけなくなる理由について紹介します。

もちろん、ただ「○○という理由だからです!」では終わらせません。
「たくさん稼ぎたい!」「プライベートを充実させたい!」という人は、どうすればよいか?、具体的なアクションプランまで紹介します。

3分くらいで読み切れると思うので、お付き合いください。

派遣薬剤師はコロナでオワコン化した現実

ruins

コロナの影響で、派遣薬剤師の求人数が激減しています。

派遣薬剤師の求人は4~8月間で、33%も減少しています

派遣薬剤師業界で最大級のファルマスタッフを確認します。

  • 4月:派遣の求人数 約6000件
  • 8月:派遣の求人数 約4000件

上記のように、たった数か月で33%減少しています。
割合で見ると、この数字は異常だと思います。

契約終了後、次が見つからない可能性がある

派遣薬剤師は薬剤師の10%と、言われています。

ファルマスタッフでは、派遣以外の求人も合わせると約6万件です。
つまり、派遣薬剤師の求人は全体の6.7%となっております。

もちろん、全員が一斉に次の職場を探し始めるわけではないので、今はまだ大丈夫だと思います。

しかしこのまま求人数が減り続けたら、完全に次が見つからなくなってしまう薬剤師も出てくるかもしれません。

こんな環境で働きたい!と指定するとさらに見つかりにくいです

例えば「東京都内」で絞ると、約1000件になります。
8月追記→900件に減少しました。

pharma staff
  • 何時までには帰りたい
  • 土日は休みたい
  • 通いやすい場所が良い

また上記のような条件を付けると競争が激化しやすいです。
望む環境で働くのが難しくなりそうですね・・・。

最新の情報が何よりも重要

ここ数カ月で
派遣薬剤師を取り巻く環境は
大きく変化しています。

そんな中で最新の情報を仕入れることが
とても大切なことです。

転職エージェントに相談が便利

薬剤師業界について調べるには
転職エージェントに
相談
するのが1番確実です。

別に登録しても、転職しなくてはいけない
わけではない
ですし、無料で使えるので
情報集めとして最適です。

派遣薬剤師界のことならファルマスタッフ

派遣薬剤師の環境については
ファルマスタッフ」が一番詳しいです。

なんといっても派遣薬剤師界で
最大の求人サイト
ですからね。

ファルマスタッフはこちら

しかし、派遣以外の働き方も
検討しなくてはならない
事態になっています。

派遣以外というと
正社員やパートとなります。

正社員・パート薬剤師界についてはマイナビ薬剤師

正社員やパート薬剤師でも
今の生活となるべく近い求人が
存在する
可能性はあります。

そこで、正社員・パート薬剤師について
調べるなら、「マイナビ薬剤師」が
良いです。

企業規模が非常に大きいので
その分情報もたくさん持っています。

マイナビ薬剤師はこちら

「もしも」に備えよう

新型コロナウイルスの感染拡大は
派遣薬剤師の雇用に
大きな影響
を与えています。

最悪の事態を回避するためにも
「もしも」のときの備えは
万全にしておきましょう。

ちょっとでも
考えるきっかけになれば幸いです。

PR